人気ブログランキング | 話題のタグを見る

トイレで考える哲学的な夢


小さめの体育館の中で

ラインをひいて

よーいドン

でダッシュして

向こうの壁をタッチするってだけの

えらいシンプルな競技があって

やってみると

何でかわからんけど

小山がやたら強くって

ハンデをつける為に

少しずつ後ろにラインを下げていくんだけど

それでもどんどん追い越すので

とうとう

体育館から外に出て

そこにラインを引いて

ダッシュして中に入り(もちろんクラウチングスタートで)

壁にタッチするってゆう

傍から見てると

えらい滑稽なスポーツになってしまった

所で目が覚めた。


























ベットから抜け出し

トイレにいって

夢について考える






























傍から見ると

外から中にダッシュなんて

確かにおかしな競技なんだけど

そもそもの初めからこの競技を見てる人からすれば

必然的にこうなったわけだから

何らおかしなことは無いわけで



つまり

目の前の現象だけを見て物事を決めるのは良くなくて

そのルーツを知り

過程を知ることによって

初めて物事の本質を知ることが出来る



温故知新


古きを知り

新しきを知る


歴史の勉強の大切さを改めて思い知った夢だった



























とも言えるし




































一つの道を極めんと

わき目もふらずひたすら突っ走るだけではなく

時には立ち止まり

後ろを振り返り

回りを見渡して

他人の意見に耳を傾け

時代の変化と流れを感じ取り

自分のズレに気づき

時にはプライドを捨て

自分自身を変えていかなければ

滑稽な結果を招くことになりはしないか




趣味のスポーツ競技なら良いようなものの

ガラパゴスと揶揄された携帯電話は言うに及ばず

自分自身の仕事に置いても

これこそが

最も大切なことではないか

























と言う見方も出来る。






























けど

あまり周りの意見にふりまわされてしまっても

そもそも何がやりたかったの?的な

本末転倒って事にもなりかねないから始末が悪い





もう

こうなると

ニワトリが先か目玉焼きが先か

半熟が先かアルデンテが先かミディアムレアが先か

ビーフorチキン?( I am チキン クックルールール― )

カフィorティ?(お砂糖はお幾つお入れいたしましょうか?)

お風呂にします?食事にします?(便所が先だっつーの)
























ってことを今朝トイレで考えてました。






koyama




















by komore228 | 2017-02-09 17:57 | komore | Comments(0)


<< パンとエスプレッソと 映画 >>